kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『Dr.STONE』133話考察】全ては千空に任された‼ 島全体石化発動!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今週発売の週刊少年ジャンプに掲載の『Dr.STONE』133話に関する記事です!!

 

 

石化装置はまさかの声認証も可能だった・・・

さらに、イバラの最後の策略・・・

 

この男、どこまでも狡猾で最強です!!

遂に、島全体を包み込む石化光線発動です!!

 

全ての希望は千空へ託された!!

 

 

『Dr.STONE』133話あらすじ

前回の続き・・

 

海の上で、石化装置をゲットして意気揚々と装置を掲げる””陽””!!

そこに、船の上から飛び降りてきたイバラが、石化装置に向かって叫ぶ!!

 

””3m 1second””

 

直後に、イバラは海水の中に潜り、石化装置のスイッチが入る!!

 

陽はあっという間に石化・・

陽の手からこぼれた石化装置を、イバラが奪い返す!!

f:id:kimurou:20191217204148j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://mangalaw.com/manga/dr-stone/chapter-133/

イバラはすぐにオオアラシい指示して、島の中央で石化装置を作動させようとするが、すでにオオアラシは、石化装置の怖さを見ている・・・

 

こういう時こそ慎重に!!

オオアラシには、無理やり、そして確実に石化装置を持って、島の中央で効果を発揮してもらう必要がある!!

 

 

イバラは、石化装置を口の中に入れ、

 

””2000m 15分””

 

と、唱える・・

f:id:kimurou:20191217203910j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://mangalaw.com/manga/dr-stone/chapter-133/

これで、石化装置の起爆装置が作動した・・

島の中央で、作動させる準備は整った!!

 

何やら、オオアラシに何かをするイバラ・・・

 

その直後、オオアラシが尋常じゃないスピードで島の中央にダッシュする姿が・・

科学王国のメンバーは、イバラの計画を把握している!!

 

島を包み込むほどの巨大な石化光線を発動させるつもり・・

絶対に阻止するため、全力でオオアラシを止める!!

 

 

しかし、オオアラシはパワーだけなら島一番!!

パワーで、奴を止められる人間はいない!!

 

 

千空、七海、クロムは、方法を考える!!

どうする??

 

クロムは、船の上で石化した時、特等席で石化装置を観ていた・・・

そこで導き出した答え・・・

f:id:kimurou:20191217203738j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://mangalaw.com/manga/dr-stone/chapter-133/

 

””石化光線のデカくなり方は、ずっと同じスピードだった!!””

 

f:id:kimurou:20191217204435j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://mangalaw.com/manga/dr-stone/chapter-133/

 

何かを閃いたクロム・・

飛びっきりの、最低の作戦が・・

 

島の中央で猛ダッシュするオオアラシを大樹がタックルで止める!!

しかし、捕まえたオオアラシは石化装置を持っていない!!

 

イバラ様には、島の中央まで行ったら石化しなくて済むと言われていたオオアラシ・・

f:id:kimurou:20191217203557j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:http://akibamagazine.net/?p=874019

 

オオアラシは、海の中でイバラに脅されて、水と一緒に石化装置を飲み込んでしまっていた!!

 

つまり、今、石化装置はオオアラシの腹の中!!

 

オオアラシの腹の中にある石化装置のスイッチが入る!!

遂に、島全体を包み込む石化が始まった!!

f:id:kimurou:20191217204556j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://mangalaw.com/manga/dr-stone/chapter-133/

七海は何やらメンバーに指示を出している・・・

手を繋いで数珠繋ぎになる皆・・

 

そして、みんな石化していく・・

後は任せた・・・千空!!

f:id:kimurou:20191217204700j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://mangalaw.com/manga/dr-stone/chapter-133/

END

 

『Dr.STONE』133話ポイント考察

石化装置は声認証??

前回の話だと、目盛りみたいなのがあって、時間と距離を調節するのだと思っていました!!

 

 

しかし、科学王国のメンバーで初めて石化装置を触った、現代出身の””陽””が、初見で全く使い方が分からなかった所を見ると、

 

石化装置に目盛りらしきものはなく、完全に声認証だということが判断できます!!

イバラやキリサメの声にしか判断しないのか?

 

それとも、全員の声に反応するのか??

 

とにかく、言えることは石化装置はかなり最先端技術だという事です!!

 

声に反応・・

しかも、距離と時間の指示に対する声だけに反応し、かつあの頑丈さ・・

何百年と使っても、原形をとどめているし、さらに中の石化装置は正確に作動する!!

 

3700年前の、現代人類の製造物だということを差し引いても、かなりの最先端技術!!

下手したら現代技術をも凌駕しているのではないでしょうか??

 

一体、石化装置とはだれが何のために作ったのか??

 

腹の中でも起動する石化装置!!

ここにきて、イバラが石化装置を色々な方法で作動させています・・

f:id:kimurou:20191217203910j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://mangalaw.com/manga/dr-stone/chapter-133/

海の中で、石化装置を口に入れ、距離と時間を唱える・・

この状況でも、石化装置は作動する!!

 

さらに、オオアラシの腹の中に入れても、石化装置は作動する!!

 

 

あの慎重なイバラの事です!!

初めて、石化装置を手に入れた時に、あらゆる状況で試したのでしょう!!

 

 

それにしても、まさか、人の腹の中に入れて、石化装置を作動させるとは・・!!

 

クロムが発見した石化光線の法則

石化光線の広がり方は、ずっと同じスピード!!

f:id:kimurou:20191217204435j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://mangalaw.com/manga/dr-stone/chapter-133/

 

同じスピードで広がっていく・・・

これに一体何の意味があるのか??

 

同じスピードだから何??って話ですが・・・(笑)

 

ただ意外ではありました!!

石化光線の広がり方は、遠くなるほど遅くなるのかなと・・・

 

ただ、今までの感じだと、人の全速力よりかは速そうです!!

 

クロムが思いついた作戦とは一体何だったのか?

最後、皆で手をつなぎ、数珠繋ぎのようになっていましたが・・

 

イバラが強すぎる!!

この男、ある意味最強です!!

 

手に銃弾が撃ち込まれて、石化装置をいったんは奪われたにも関わらず・・

 

今まで見たことも無い銃に手を撃ち込まれて、おそらく今まで経験したことも無いぐらいの意味不明な激痛・・

おそらく何が起こったのかもわかっていないでしょう!!

 

人は、未知の攻撃に対して、尋常じゃないほどの恐怖を覚えると思いますが、イバラの冷静さは驚異です!!

 

ここまで、冷静に判断し、最終的にはかなり計画が狂いましたが、島全体を石化光線で包み込み、相手を一網打尽にするという作戦を成功させます!!

 

 

う~ん、イバラ驚異!!(笑)

 

この男が、負けを認めるところを見てみたい!!

 

『Dr.STONE』購入はこちら!!

 

スポンサーリンク