kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『Dr.STONE』131話考察】石化武器は現代の遺物であることが判明!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今週発売の週刊少年ジャンプに掲載の『Dr.STONE』131話に関して!!

 

 

遂に、石像になった頭首様がみんなの前にお披露目!!

イバラはピンチに陥るが、満を持して最後の切り札””石化武器””を発動・・

 

キリサメが石化・・

 

しかし、その時イバラの手に銃弾が撃ち込まれる!!

 

いよいよ結末が見えてきた石化王国編!!

注目の131話目です!!

 

 

『Dr.STONE』131話あらすじ

モズVS氷月の戦いは続く・・・

f:id:kimurou:20191203211029j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:http://8comic.se/203630/

激しい乱戦の仲、千空達は船首の方へ逃げる!!

そして、千空の指示により迅速に島へ戻ることに・・・

 

みんなボートに乗り込む!!

 

しかし、イバラは島全体を石化光線で包もうとしている・・

なぜわざわざ島へ戻る?

 

千空曰く、島で作らなければいけない物がある!!

それさえ完成すれば、俺たちの勝ちだ!!

 

 

周りに誰もいなくなった・・・

モズは氷月の実力を認め、全力を出す!!

 

あまりの凄まじいパワーに氷月はぶっ飛ばされる!!

f:id:kimurou:20191203211347j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://www.mangareader.net/dr-stone/130/21

 

一方で、キリサメはイバラの元に辿り着き、石化武器をイバラに渡す・・

同じタイミングで、同じくイバラの部下だった戦士””オオアラシ””に、イバラは指示を出す!!

 

イバラは、石化武器を指さして・・・

 

””この飾りをもって、島の真ん中まで走って!!””

f:id:kimurou:20191203211913j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://ドクターストーン考察.com/?p=161

オオアラシにとっては謎の命令・・・

しかし、キリサメはすぐさま理解する!!

 

 

島全体を、石化光線で包むための作戦に他ならない!!

しかし、オオアラシ本人はどうやって逃げる算段??

 

イバラに尋ねるキリサメ・・・

 

イバラは

””どうでもいい!!死んでもいいオオアラシに命令しただけの事・・・””

 

一応、科学王国側は、石化を解く方法を持っているようだが、保険の為・・

 

 

キリサメは、

””オオアラシはもちろん、島全員の非難もまだ完了していない!!

そんなことはできない!!””

 

イバラは、まさか頭首様の石に逆らうのか??と返答する・・

 

 

その時、キリサメは幼き時の、頭首様との会話を思い出す!!

 

頭首様の考えは、石化は恐ろしい力・・・

だから広範囲での濫用は禁物!!

 

 

キリサメは子供の時に、そうやって教わってきた・・・

今の、イバラの命令は、明らかに本来の頭首様の考えに背くもの!!

濫用しすぎ・・・

 

 

””イバラ様・・・それは本当に頭首様のご意思ですか??””

 

 

その時、海岸の方に、大樹たちが石像化した頭首様を持ってやってくる!!

 

大樹は大声で叫ぶ!!

””頭首は石像だーーーー!!””

 

 

驚く一同・・

もちろん、キリサメも驚く!!

 

 

イバラの方を振り返るキリサメ・・

 

すでに、イバラは石化光線の容易に入っていた!!

””1m・・1second・・・””

 

その瞬間、イバラはキリサメの方に石化武器を放り投げる・・

絶妙な位置に・・

 

状況を察知したキリサメ・・

だが時すでに遅し!!

 

キリサメは石化し、海に落とされる!!

 

知っちゃったんだから仕方ないよね・・・

後は、あの輩どもを石化してお終い!!

 

 

その時、銃声が響き渡る!!

聞きなれない音に、イバラは何が起こったのか一瞬では理解できなかった!!

 

自分の手を見ると、銃弾が撃ち込まれていた!!

f:id:kimurou:20191203211554j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Abm-lPmDR2E

あまりの痛みに叫ぶイバラ・・

持っていた石化武器も海に落ちていく!!

 

 

残り一発だった銃弾を撃ち込んだのは、元警察官の””ヨウ””!!

 

END

 

『Dr.STONE』131話ポイント考察

石化武器の攻撃範囲の設定方法判明!!

イバラがキリサメに攻撃するとき・・・

 

イバラは石化武器をいじくっていました!!

 

””1m・・・1second・・・””

 

意味は、当然、距離と時間!!

 

つまり、石化光線範囲の半径の長さと、石化光線発動までの時間・・・

 

これまで、石化武器の攻撃範囲を自由自在に操れることは判明していましたが、具体的に何を基準にしているのかは謎でした!!

 

 

キリサメは、毎回石化攻撃の時、時間と距離を事前に設定して、絶妙な位置に投げていたわけですね!!

もちろん、相当コツがいると思います!!

 

ただ、これでほぼ確定です!!

間違いなく、石化武器は現代の遺物・・

 

『Dr.STONE』でいうと、3700年前の人類文明が一番発達していた時代の遺物です!!

 

m(メートル)法、1秒の基準・・・

 

どれも近代社会で定められたものです!!

 

石化武器は宇宙飛行士の誰かの物?

どうやって、島の住人であるイバラたちが石化武器を持つに至ったのかは疑問・・

 

なぜ3700年後の島に・・・?

 

その島は、3700年前、人類最後の生き残りだった宇宙飛行士6人が辿り着いたとされる島!!

それまでは無人島だったと思われます!!

 

 

しかし、そこに石化武器は存在した!!

だとしたら、もう生き残った宇宙飛行士6人の内の誰かが、あの石化武器の鍵を握っているはずです!!

 

3700年前、人類を石化させた石化光線・・・

そのミニチュア版?を誰かが持っていた??

 

百夜の可能性は低そうなので、実質5人のうちの誰か?

 

シャミール?リリアン?コニー?ヤコフ?ヤコフ?

 

正直、全員犯人じゃなさそう・・・(笑)

誰が、キーマンだったとしても驚くことになりそうです(笑)

 

 

石化王国の人間には長さや時間の基準があるのか?

1m・・・

1s・・・

 

どれも現代社会の長さと時間の単位です!!

 

人類数万年の歴史の末辿り着いた、精度の高い基準値だと思います!!

1メートルの基準が定められたのは18世紀・・・

1秒の基準が決まったのも、光速が分かってから・・・

 

 

厳密なことを言うと、単位って結構難しいんです!!(笑)

 

 

しかし、それを文明レベルが縄文時代レベルの石化王国の連中が把握している!!

 

少なくとも、イバラやキリサメは把握していた!!

 

もしかしたら、長年の感覚からかもしれません・・・

1mはこれぐらい・・

1秒はこれくらい・・・

 

 

時間に関しては、古代の人類文明でも星の動きなどから、正確な暦を割り出していた歴史があるぐらいですから、1秒の感覚は分かっていたのかも・・・

 

 

石化王国は案外高度な文明があったのか??

 

 

結局ドローン使わないの?

千空の当初の予定では、空中でドローンを使って石化武器をゲットするという作戦・・・

 

しかし、色々あってこれは実現しませんでした・・

(ドローンが飛ぶ前に中止になった)

 

せっかくドローンを作ったのに、見せ場を作らず・・?

絵的に見てみたかったのですが・・・(笑)

 

 

確かに、空中で石化武器をキャッチするという、今までの千空の作戦の中でも、一番常軌を逸していましたが・・・(笑)

 

ま~モズに見せることで、千空達に妖術があると思わせることには成功しましたが・・

 

千空が作らなければいけない物とは?

わざわざ、千空が島に戻った理由・・

 

島に行って作らなければいけない物・・・

これさえ完成すれば、科学王国の勝利!!

 

一体何なのか?

 

千空の口ぶりからだと、すぐに作れるものだと考えられます!!

 

本来の目的は、石化武器を奪う事!!

 

ただ、これに関しては現段階で、ほとんど詰みまできてます!!

 

 

今、一番ヤバいこと!!

モズが強すぎること!!

 

どうやら、氷月でも時間稼ぎぐらいにしかならなさそう・・

石化武器を奪っても、モズ一人に負ける可能性もまだ残っています!!

 

その為に銃を作ったのですが、すでに全弾使ってしまいました!!

 

 

千空が、作らなければいけない物・・

それは、モズに対抗できる武器系??

 

『Dr.STONE』購入はこちら!!

 

 

スポンサーリンク