kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『Dr.STONE』123話考察】モズを仲間に引き入れた!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、『Dr.STONE』最新話123話について!!

 

前回までで、コハク、銀狼の潜入組が石化し、そのことが千空達にも伝わります。しかし、そこにモズが現れ、やばい状況に・・・

 

しかし、科学王国の機転により、何とモズと手を組んで仲間にできる可能性が・・・??

 

 

前回はここで終わっていました!!

 

さて今週は??

今週はメンタリストが大活躍!!

明日から役に立つ心理テクニックが満載!!

 

 

『Dr.STONE』123話あらすじ

タイトル ””頭脳戦のディールゲーム””

 

モズを説得するため、メンタリストのゲンが前に出る!!

 

ゲンは持ち前の話術で、ドローンがまるでこちらが自由自在に操れる鳥みたいに演出する!!

 

実際は、まだ千空のドローンはそこまでの性能は無く、全く安定していない、ただの電動竹とんぼ・・・

 

しかし、ゲンは、取引のルールにおいて弱い手札を最強のスペードのエースに見せないといけないと考えている・・・

 

実際、空飛ぶドローンを目の当たりにしたモズは驚いている!!

 

効果は十分!!

 

千空やゲンたちが、本当に自分には無い妖術を持っていると信じ込ませることに成功した!!

 

ドローンを見上げるモズ・・・

そこにすかさずゲンが横にすり寄る!!

 

心理テクニックとして、相手を説得するとき、向かい合わせで話すより、相手の横に来て話す方が効果があることが証明されている!!

 

そのテクニックを使って、ゲンはモズの隣から話しかける!!

ゲンはモズが一番自信のある所をほめる!!

 

それは””圧倒的強さ””!!

イバラの倍ぐらいは強いんじゃないか??

 

モズは、もう少し自分は強いと否定する!

 

これもゲンの心理テクニック!!

あえて微妙に見当違いの事を話して、相手に否定させなくてはという使命感を与え、そもそも乗り気じゃなかった話に持っていく!!

 

モズは完全にゲンの術中にはまっている・・・

しかし、ゲンは手を緩めない・・・

 

何となく、全てをモズに見透かされているような気がしてならない!!

 

モズに一つの迷いが・・・

今ここで、科学王国を皆殺しにするか?

イバラを殺すか?

 

 

モズは少し、石化王国の内情について語りだす。

 

やはり、頭首様を石像にしたのはイバラ!!

モズは、すでにやることやってくれたイバラを用済みだと思っている。

しかし、石化光線があって中々動けない・・・

 

石化武器を持っているキリサメも中々強い!!

サシでやれば自分が勝つと思うが、石化光線を使われたら、一発で終了・・・

f:id:kimurou:20191001214745j:plain

稲垣理一郎×Boichi 『Dr.STONE』

引用元:https://manga-netabare-kanso.com/%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%83%8D%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3106-107%E8%A9%B1%E7%9F%B3%E5%8C%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB/

 

つまり、モズがイバラを殺してしまうと、石化武器を持つキリサメが黙っていない。おそらく、石化光線でモズを攻撃してくるだろう・・・

 

かといって、真実を打ち明けると、国民が怒り出す。そうなると自分に立場を失う・・・

 

板挟み状態になっており、モズは動けない状況になっている!!

 

ということは、千空達科学王国とモズの利害は一致している!!

 

モズは石化武器が邪魔・・・

科学王国は石化武器が欲しい・・・

 

 

そこにまたゲンがモズにたたみかけてくる!!

 

””あくまで取引は対等に!!

科学王国は妖術の力を貸すけど、石化武器だけは絶対に自分たちに渡すこと!!””

 

 

モズは対等と言う言葉に反応する・・・

武力では圧倒的に自分が優位!!

このアジトは遠目に監視しておく・・・

 

これでゲンの思惑通り!!

あえて、条件を強制することで、真の議題から話をずらし、自分たちに都合のいい方向に話を持っていく・・・

 

最初は、モズが千空達を皆殺しにするかという話だったのに、いつのまにか、モズと科学王国が手を組むという事態に・・・

 

取引で重要なことは、相手を負かすことではなく、相手にしてやったりと思わせること!!

まやかしの花道を作ること・・・

 

 

こうしてモズと千空達は手を組むことになった!!

千空はモズにインカムを渡す・・・

 

しかし、このインカムは千空からモズへの一方通行!!

だが、初めてのインカムにモズは大いに驚き、快く貰っていく!!

 

モズは今だけ仲間になった!!

おそらく、全てが終わった後、モズにとっては千空達は用済み・・・

 

始末しに来るだろうが、それはその時考えるという事で!!

 

 

さて、早速千空はモズを使って作戦開始!!

科学王国の最大の弱点は、圧倒的に人数不足!!

 

本当は、石化王国が大人数で攻めてこられるだけで、負けてしまう!!

なので、そこでモズの力を使う!!

 

モズに仮面をかぶらせ、侵入者のフリして石化王国の護衛を襲ってもらう!!

そして、侵入者がめちゃくちゃ強いと相手に思わせる・・・

 

石化武器を引きずり出す!!

 

さ~作戦開始!!

END

 

123話ポイント考察

頭首を石化したのはイバラ

やはりという感じです!!

 

頭首を石化させた後、イバラは島の実験を握ります!

そのことを、モズも知っている!!

 

しかし、石化武器が怖くてイバラを殺せずにいる・・・

 

未だに謎はいくつか残っています!!

 

なぜ石化した頭首を未だ石像のまま残して、生きていると思わせているのでしょうか?

 

石像が残るということはそれだけリスクもあります!!

なぜリスクを冒してまで・・・

 

それに関しては、モズも同様です!!

 

頭首が島を支配しているということに何か都合がいいことがあるのか??

 

前回の考察でも語りましたが、頭首には何か特別なカリスマ性みたいなものがあるのか??

 

例えば、昔の日本での天皇みたいに・・・

まず一般庶民の前には姿を見せないですが、存在しているだけで日本人の心の依り代になっていました!!

 

それだけの崇高性がありました!!

 

似たようなことが、この島でも起こっているのか??

神様みたいに崇められているのかも!!

 

 

 

イバラとキリサメ

おそらく強い信頼関係で結ばれているのでしょう!!

 

たった一つしかない石化武器を預けているぐらいです、イバラはキリサメの事をかなり信頼しています!!

 

一方でキリサメも、イバラに託された石化武器を忠実に使用しています!!

 

おそらく、イバラがモズに殺されたら、すぐに、キリサメはモズに石化光線を浴びせるでしょう!!

 

そして、仮にモズがキリサメを始末しにかかっても、それなりに強い武力でモズの攻撃をかわし、隙を見て石化攻撃・・・

 

キリサメに石化攻撃をする暇を与えないほど、モズはキリサメを圧倒していないということ・・・

 

メンタリストの真骨頂

我々が日常生活や職場でも使えそうなテクニックです!!(笑)

 

  • 相手を説得する際は、向かい合うのではなく隣に行って話す

これはビジネスの場でも明日から使えそうです!!

日常会話でも役に立つ場面があるのでは??

 

  • 大したことなくても、誇張して話す

これはちょっと高等テクニックか??

 

中々難しいですよね~

あまり誇張しすぎても、嘘だとバレてしまいますから・・・

 

日常会話では2割増しで話を盛るのがちょうどいいかな~

 

  • あえて微妙に見当違いの事を言う

見当違いの事を言う事で、相手に訂正の使命感を与える!!

 

そうすることで、自分の持っていきたい話に乗らせる・・・

 

これも微妙なサジ加減が難しいですね~(笑)

 

  • 強制しすぎると、相手は拒否したくなるのを逆手に取る

こちらは最上テクニック!!

 

相手をわざと拒否らせて、自分の思惑通りに話を持っていく!!

 

これを自由に使いこなせたら、たぶんどのビジネスでも成功します!!(笑)

 

さてみなさんも明日から使ってみよう!!

この心理テクニックを知っていれば、恋愛に仕事に生かせそうだね!!

女はこれぐらいみんなやってますよ!!

 

今後の展開

キリサメ出てくるか??

 

まずは、ドローンを完成させることも先決!!

すでに、安定制御の段階までは来ている!!

 

おそらく勝負は一発勝負になるはず・・・

失敗は許されない・・・

 

 

スポンサーリンク