kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【『Dr.STONE』112話】””三次元の王者””感想、展開予想 ドローン製作へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ最新号掲載の『Dr.STONE』112話に関する記事です。

 


いよいよ、石化光線の武器を持っている王宮に潜入です。

 

アニメも絶賛放送中!!

 

 

112話あらすじ 

頭首の側室として、王宮のものたちの選抜試験を無事突破した、コハク、銀狼たち・・・

 

コハクは意気揚々と、今夜にでも寝込みを襲おうと豪語している。

 

そこに、インカムから千空達の声が聞こえる。千空の指示は、王宮の主力組がうまいことバラけた時、何とか、石化の武器を持つキリサメをおびき出し、石化光線の武器を投げさせる。

 


 石化の武器に関するメカニズムは、上の記事を参照。

 

コハクは了解するが、どうやらインカムの通信は一方通行で、コハクたちからは連絡手段がない。

片道だけでもありがたいが・・・

 

 

そして、千空達、科学チームがドローンを作り、空中で石化の武器を奪う!!

 

早速、科学チームはドローン製作に取り掛かる。

 

ドローンに必要なものは色々あるが、まずは””モーター””!!

 

姿勢制御するための機器なども必要だが、それに関しては考えてあると言う千空。

 

モーターに関しては、仕組みはすごく簡単だが、ドローンレベルに使うモーターを作るとなると、相当の作業量がかかる・・・

 

コイルを何重にも撒いて、超強力なモーターを作る。

 

ひたすら、人海戦術で銅線をグルグル巻きまくる!!

 

一方でコハクたちスパイ組は・・・

 

頭首たちがいる根城の前まで到着していた。城の前には、石化した人間が、壊されている・・・

 

どうやら、城に侵入しようとして捕まり、石化されてしまったらしい・・・

城の警備は思ったより厳重そう・・・

 

すると、コハクが持ち前の視力で遠くに何かを見つける。みんなの隙をついて、コハクが詳しく偵察に行く。

 

そして、コハクは何やら重要なことをみつけたらしい・・・

我々の勝利を決定づける、科学の鍵を見つけた??

 

コハクは、この情報を千空に伝えたいが、通信は一方通行。

 

そして、千空達はテスト用の強力なモーターを一つ完成させた。

試しにミニ四駆を走らせてみると、なかなか満足できる完成度。

 

これは連絡手段として使えるのではないか??

 

END

 

112話ポイント

インカムは一方通行

これは今回の作戦の最大の障壁になるか??

 

そもそも連絡手段がない中で、千空が即興で作ったインカム・・・

 

連絡は、千空からコハクへの一方通行。これが、今回の作戦にどう影響してくるか?

 

現代人の我々からしたら、この状況は中々恐ろしいですね(笑)

 

注目なのは、新たに千空達が作ったミニ四駆。これが、大きさ的にはコハクたち側からの連絡手段に使えそうです。これに、紙を背負わせて文字を描けば、一種の連絡手段に使えそうです。

 

ドローンは作れるのか?

遂にドローンにまで手を出し始めました。

 

気球を作ったので、空を飛ぶ手段としてプロペラ系に手を出すとは思っていましたが・・・

 

ドローンって、2019年の今でも結構最新のテクノロジーじゃないでしょうか?

相当強力なプロペラと、姿勢制御技術がいるはずですが・・・

 

そんな機械を、原始世界で作れるのでしょうか?

 

千空の計画だと、コントローラーも必要。さらに、空中で石化の武器をキャッチするアーム付きのドローンです。

 

現代のドローンでも相当難しいのでは???

 

出来たとしても、勝負は一発決めなければいけません・・・

失敗すれば、おそらくみんな石化してしまいます。

 

相当の操作力が必要です。

というより、かなり非現実な作戦のような???

 

コハクが見つけた科学の鍵とは?

コハクが、頭首様のいる城で見たものとは・・・?

 

科学の鍵と言いましたが、石化の謎を解くカギでしょうか?

 

コハク曰く、科学王国で学んだ科学の知識が役の立ったと・・・

思えば、コハクは現代人ではありませんが、千空の側で、科学の知識を目の当たりにしてきました。

 

だからこそ気づけたこととは?

 

石化の武器を作っている、正にその瞬間を目撃したのでしょうか?

 

今後の展開予想

もしかしたら、案外早く決着がつくか??

 

しかし、千空側のドローン製作が一番の大仕事です。コハクは、今夜決行と言いましたが、そんなに早くドローンを作れるのか??

 

というより、ドローンは本当に作れるのか?

とてもじゃないが、あの世界でドローンを作れるとは思えないのだが・・・

 

アニメ放送中!!

アニメが遂にスタートしました。

 

ロサンゼルスの会場で色々盛り上がっていた様子。

 

僕的に、この作品は海外でもかなり受けると思います。海外向けに、大掛かりに宣伝していってもいいと思います。

 

ハリウッドで思いっきり金をかけて、実写化してほしいな~

スポンサーリンク