kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【Dr.STONE展開予想】今後の予想をしたら超えるべきハードルが多すぎた件

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、週刊少年ジャンプで絶賛連載中の『Dr.STONE』についての記事です。

 

今年は、アニメ放送も控え、売る上げ的にも更なる飛躍が期待される、ジャンプの人気作です。

 

Dr.STONEについてあまり知らない方は下の記事をどうぞ↓↓

 


この作品の最大の特徴は、文明が完全に崩壊した世界から、現代科学の知識を持った人間が、一から文明を再建していくという設定です。

 

本来なら、そんな簡単ではないと思いますが、理論上は可能だという妙な説得力があり、話に引き込まれていきます。

 

コミックスは、2019年2月14日現在、9巻まで出ています。まだ、アニメの放送前です。読み始めるなら、今がそのときでしょう!!

 

『Dr.STONE』ここまでの流れ(2019年2月現在)

 長らく続いていた、千空VS司の戦いも終わり、いよいよ全人類石化の原因を探っていく話へ。

 

最後は、司は瀕死の重傷を負い、千空に今の技術では救う事はできないといわれてしまいます。そして、未来、石化の原因を解明し、石化によって司を救うため、司をコールドスリープさせます。

 

そして、新章へ

現在、物語の核心に迫る話に突入しています。

 

そもそも、『Dr.STONE』は、第1話にいきなり全人類が石化するところから始まります。そして、人類の文明は完全にストップし、3700年後、徐々に現代人が石化から目覚め始めます。

 

では、その人類石化現象の原因は何なのか?

 


千空達は数少ない情報から、石化した時、地球を照らした強大な閃光がどうやら地球の裏側、南米大陸から発せられていたことを突き止めます。

 

南米大陸に、石化現象を探る手掛かりが存在するかもしれないと、一同、日本から地球の裏側を目指します。

 

しかし、それには乗り越えるべき幾多のハードルが・・・

 

乗り越えるべきハードル

 最終的なゴールは?

まず、最終的なゴールに関して・・・

 

日本から南米大陸に行き、石化現象の原因を探り、その目的、メカニズムを解明し、再び日本に戻ってくる。

そして、コールドスリープ中の司を目覚めさせ、石化により体を治療し、健康になった司と再会する!!

 

これが今のところ『Dr.STONE』の最終的な目標。

 

はっきり決まっている当たりがいいですね。

 

ハードルその① 南米までの移動手段

21世紀の現代の場合、最速の移動手段は飛行機です。(一般人の場合)

 

しかし、ストーンワールドにそんなものはありません。

千空も、いくら飛行機のメカニズムを知っているからといっても、ほぼ原始世界において飛行機を一から作ることは難しいでしょう。

 

ですので、移動手段として船ということになります。

それも、結構頑丈で、大きい船である必要があります。

 

連載の方では、現在、設計図は完成し船の製作に取り掛かっています。

 

ハードルその② 優秀な航海士

南米まで船で行くわけですから、海を読む力、船の進む方角の見極めなど、相当優秀な航海士が必要です。

 

すでに、優秀な航海士、龍水七海を復活済み。彼の指示で、船の設計、製造も進んでいます。

 

ハードルその③ 燃料と食料

南米まで、船を動かすための燃料が必要です。

石炭だと、重すぎて船が沈んでしまいます。そこで、石油です!!

 

すでに、石油探索に動いていますが、日本に果たして石油があるのか?

 

 

そして、南米までの長旅に備えた、大量の食糧、保存食です。

 

すでに連載では、小麦畑を作り、大量のパンを生産しています。そのために、優秀なシェフも石化から生き返らせました。

 

ハードルその④ 石油探索、掘削 

まず石油が日本にあるのかについてですが・・・

まーこの辺りは漫画なので、あるという流れで話が進んでいくと思います。

 

実際、日本は石油が取れないことで有名ですが、実は石油の埋蔵量は少なくはありません。ただ、地中深くあり、それらを掘るためのコストと、中東から石油を買うコストを比べたとき、海外に頼った方が安く済むという事で、日本は石油を掘らないだけです。

 

ですので、一応、日本に石油はあります。

その点では、『Dr.STONE』で石油を掘っていても、理論上はおかしくありません。

 

しかし、問題は掘削です。

石油があっても、地中深くだと、今の千空達にはお手上げです。

 

この辺りは、今後どう進んでいくのか?

 

ハードルその⑤ 道路整備

石油が見つかったとして、それらを運ぶ、道路の整備。

資材を運ぶための車の大量生産など・・・

 

どっちにしろ、まだまだマンパワーが必要です。

 

石化を解く、復活液が現在作れない以上、ストーンワールドの住人だけで、回して言う必要があります。

 

現実なら、10年単位で時間がかかると思いますが・・・

この漫画は、非常にテンポがいい!!

 

ハードルその⑥ 未知のウイルス対策

この問題を言ってしまうと、この漫画おしまいなのですが・・・

 

一応、新大陸に行って、上陸するわけですから、未知のウイルスに侵される可能性もありますよね。

 

この辺りは、漫画ですから無視するのでしょうか?

 

ハードルその⑦ 南米大陸の形や位置は変わっていないか?

3700年の月日が経っているわけです。

 

プレートの移動による、大陸の変化や、地盤沈下など、あらゆる可能性が考えられます。

情報があまりにも少なすぎるため、かなり無謀な旅といえるでしょう。

 

しかし、かつてのコロンブスなども、この状況下で新大陸などを発見したことを考えると、彼らでもできるのでしょうか?

 

どっちにしろ、全員生きて南米に行くというのはあまりにも困難なのでは?

 

まとめ

細かいところあげたら、もっと超えるべきハードルが多いと思いますが・・・

 

まだまだ連載は続きそうですね。今年中には、南米へ出発!!っていう流れまでもっていけるでしょうか?

 

直接、南米大陸まで行くのでしょうか?間に、どこかを経由するのでしょうか?

 

今後の展開が楽しみですね。

 

スポンサーリンク