kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

MENU

スポンサーリンク

【100億越え映画3本!!】2000年代最多の4本行くか??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、映画関連の記事です。

 

今年は、映画業界が最高収入らしく、上半期終了時点で、過去最高のようです。そんな中、2019年日本映画を引っ張るのが、100億円越えの作品!!

 

現時点で

『アラジン』(実写版)

『天気の子』がすでに100億円越え!!

 

『トイストーリー4』も97億円まで来ており、ギリギリで100億越えしてくることは確実!!

 

つまり、今年、100億円越えの作品が3作品あります!!

 

 

 

2000年代の100億円越え作品

  • 2000年 0本 最高は『M:i-2』 97億円
  • 2001年 1本 『千と千尋の神隠し』
  • 2002年 1本 『ハリーポッターと賢者の石』
  • 2003年 3本 『踊る大捜査線2』、『ハリーポッターと秘密の部屋』、『マトリックス リローデッド』
  • 2004年 4本 『ラストサムライ』、『ハリーポッターとアズカバンの囚人』、『ファインディング・ニモ』、『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』
  • 2005年 1本 『ハウルの動く城』
  • 2006年 2本 『ハリーポッターと炎のゴブレット』、『パイレーツオブカリビアン2』
  • 2007年 1本 『パイレーツオブカリビアン3』
  • 2008年 1本 『崖の上のポニョ』
  • 2009年 0本 最高は『ルーキーズ』 85.5億円
  • 2010年 3本 『アバター』、『アリスインワンダーランド』、『トイストーリー3』
  • 2011年 0本 最高は『ハリーポッターと死の秘宝2』 96.7億円
  • 2012年 0本 最高は『海猿4』 73.3億円
  • 2013年 1本 『風立ちぬ』
  • 2014年 1本 『アナと雪の女王』 254.8億円
  • 2015年 0本 最高は『ジュラシックワールド』 95.3億円
  • 2016年 2本 『君の名は。』、『スターウォーズ フォースの覚醒』
  • 2017年 1本 『美女と野獣』
  • 2018年 1本 『ボヘミアンラプソディー』
  • 2019年 ????????? 

 

例年、100億円を超える作品は、だいたい1作品か2作品程度・・・

 

年によっては0の年もありますね~

 

 

2000~2018年までで100億円越えは24作品

平均したら1年に2作品ないことがわかります。

 

しかも大半は洋画・・・

あいかわらず日本映画が弱い・・・

 

2000年代で年間の100億円越えが一番多かったのは、唯一の4作品を輩出した2004年!!

 

この年は、

トム・クルーズ主演の『ラストサムライ』!!

 

これがきっかけで、渡辺謙がハリウッドに進出しましたね~

 

そして、『ハリーポッターとアズカバンの囚人』!!

この頃はまだ、ハリーポッターも面白かった!!

 

毎年公開して、確実に100億円を超えていました。徐々に日本人が飽きていきましたけどね・・・(笑)

 

そして、ピクサー最高傑作『ファインディング・ニモ』!!

 

2019年現在、日本公開のピクサー映画の歴代最高興収です!!

 

個人的にも、ピクサー作品の中で一番好きな作品です。木梨の演技も最高でした!!

 

さらに、『ロードオブザリング』シリーズ!!

王の帰還!!

 

二つの塔も好きですけど・・・

これは、コアなファンが多い作品ですね~

 

2004年は、シリーズものや、アニメ作品、実写などバランス良く、100億円を超えました。

 

今年、2019年は現時点で100億円越えの作品は3作品・・・

まだ、冬の作品が控えているので、2004年以来15年ぶりの年間4作品の100億円越えが期待されています!!

 

一方で、100億円越えが0だった年もあります。これに関しては本当に運ですね。

当たりの洋画が出てこなかった、宮崎作品が出なかった・・・

 

などの不運が重なった結果です。

 

以外にも、宮崎監督が引退を表明した2013年から、100億円越えが出なかったのは、2015年しかありません・・・

 

100億越え3作品は2010年以来

2010年は100億円越えが、

 

『アバター』156億円

『アリスインワンダーランド』110億円

『トイストーリー3』108億円

 

史上初の3D映画、世界的有名原作の実写、ピクサー人気作のシリーズ作品

 

作品のバリエーションに飛んでいました。

全てが洋画なのが、残念なところですが・・・

 

ちなみに僕は中3でした。全部見に行きました(笑)

 

今年は、9年ぶりの100億円越え3作品なんです。

 

ちなみにそのうち一つは『トイストーリー』シリーズ・・・

偶然ですね・・・(笑)

 

運命って面白いですね・・・

『トイストーリー』3部作は、ほぼ完璧に近い作品でしたが、今年4作目も面白かった!!

 

日本人はシリーズものに飽きてしまう癖がありますが、前作から9年開けたことも功を奏したのか、今回も前作並みの興収になりそうです。

 

2019年日本公開映画の現状

現時点で

『アラジン』120億越え

『天気の子』120億円ぐらい、おそらく160億円ぐらいでフィニッシュ

『トイストーリー』100億円手前、105億円ぐらいでフィニッシュか?

 

ディズニー実写化、新海作品、人気ピクサーシリーズ・・・

 

やっぱり幅が広いです。この点は2004年や2010年に似てますね~

単純に、シリーズではなく、誰かのオリジナルの実写作品の100億円がないところが悲しい所・・・

 

他にも100億円に近い作品は・・・

 

『名探偵コナン』92億円 95億円ぐらいでフィニッシュ?

『ライオンキング』55億円 80億越えは確実

 

 

おそらく『ライオンキング』は厳しいかな~

この作品が、もっといってれば、15年ぶりの100億越え4作品だったんですけどね~

 

冬の公開を観てみると100億円越えの最有力候補は『アナと雪の女王2』です!!

 

前作1は254億円の歴史的大ヒット!!

おそらく100億円は超えてくると思われますが、公開は11月下旬!!

 

年内に100億円行くかどうかは微妙なところ・・・

というかたぶん無理!!

 

なので、来年の分に入ってしまうと思います。

とすると、今年はもう100億円越えはここで終わりか??

 

去年の『ボヘミアンラプソディー』みたいにまさかの大ブーム!!

みたいな作品が出ないと4作品目は厳しいかな??

 

『名探偵コナン』も惜しかった!!

今年はおそらく100億円越えは無理ですね~

 

しかし、おもしろいのが、このシリーズは興収が年々右肩上がり!!

来年は100億円を超えてくると思います。

 

コナン無双も見えてきた!!

 

まとめ

おそらく2019年、4作目の100億円越えは無いと思います。

 

まだ何が起こるか分かりませんが・・

 

まさかの大ヒットっていう作品は毎年ありますから・・・

 

来年は、『名探偵コナン』が100億円を超えてくれるでしょう!!

 

 

そして、新海監督の時代が来たといってもいいでしょう!!

かつての宮崎駿監督みたいに、日本一客を呼べる監督になったと思います。

 

この人が作品を出せば、確実に100億円!!っていう時代が後10年ぐらいは続くでしょうね~

 

 

個人的に、日本実写映画の100億円越えを観てみたい!!

去年の『コードブルー』は惜しかったな~

 

スポンサーリンク