kimurouの部屋

このブログは、ジャンプ歴15年の知識を生かして、いろいろなマンガを紹介していくブログです。きっと、知りたい情報が見つかるはずです。

歴代ジャンプ作品 累計発行部数 ランキング① 42位~31位

みなさん、こんにちは、キムローです!(^^)!

 

さて、今回の話題は、ジャンプマンガの累計発行部数です。マンガ業界というのは、9割のマンガは赤字で、一部のマンガの収益で成り立っているって、知ってましたか?

 

基本的に、100万部売れたら、成功。1000万部売れたら、大成功と言われる業界なんです。その中で、日本一売れてるマンガ雑誌である、週刊少年ジャンプにおいて、1000万部越えの作品は、なんと、42作品です。

 

これは、めっちゃすごいことで、日本漫画界において、累計で1000万部超えてる作品は、漫画ドットコムによると136作品なのですが、そのうちの約3分の1が週刊少年ジャンプの作品なわけです。

 

では、早速、1000万部越えの作品42位から行きましょう!!

 

42位  『スケットダンス』 1000万部 コミックス 32巻

 

一巻あたり 31万2500部

2007年から2013年まで連載されていた、青春学園ものです。アニメ化もしました。最初は人気がなかったのですが、徐々に人気をあげて、気づけば、6年におよぶ連載となりました。

 

41位 『ぬらりひょんの孫』 1200万部 コミックス 25巻

一巻あたり 48万部

2008年から連載が始まった、妖怪バトルもの。2018年現在、近未来杯最大のヒット作です。

 

京都編はマジで面白かったです。地元が京都市なんですが、なじみ深い場所が舞台になってたので、当時テンションが上がってたのが覚えてます。体育の時間、二条城の周り走ってたな・・。

 

40位 『トラブル』 1300万部 コミックス 18巻

一巻当たり 約72万部

 

予想より、売れてましたね。僕ら世代だと、ジャンプのラブコメは、いちご100%かとらぶるでしたね。

 

39位 『電影少女』 1400万部 コミックス 15巻

一巻あたり 約93万部

 

桂先生、最大のヒット作です。僕的には、桂作品では、DNA2が一番好きなんですけどね。最近、実写化もされた作品です。

 

38位 『バクマン。』 1500万部 コミックス 20巻 

一巻あたり 75万部

 

デスノートコンビによる第二作。リアル志向を貫いた、漫画家のマンガ。この作品のおかげでかなりジャンプ編集部の事がわかりました。担当さんのことまで見てマンガを読むようになったのも、この作品以降でした。

 

賛否両論ですが、アニメもよかったと思います。

デスノートのようなダーク系は受け付けないって人は、バクマン。を読むことをお勧めします。

 

37位 『トリコ』 2000万部 コミックス 43巻

 一巻当たり 約47万部

 

2008年に始まった、グルメバトル漫画。編集部から猛プッシュされていましたが、あまり売れてなかった印象です。ワンピースとも色々コラボを組んでましたが、アニメ人気がいまいちでした。

 

36位 『D.gray-man』 2000万部 コミックス 25巻

一巻あたり 約80万部

 

長期休載さえなかったら、もっと売れてたはずです。現在はもうジャンプ本誌では連載してません。

 

アニメも二度にわたって放送されました。(2006年、2016年)

 

35位 『アイシールド21』 2000万部 コミックス 37巻

一巻あたり 約54万部

 

正直、この作品はもっと売れていいと思います。なぜ、こんだけしか売れなかったのか、まじで謎です。それぐらい、面白い!!

 

結局、アメフトのルールが最後まで分からなかったんですが・・・。

 

34位 『地獄先生ぬ~べ~』 2000万部 コミックス 31巻

一巻あたり 約65万部

 

子供のころ再放送でアニメ見てました。当時、スラダンのアニメの後釜で始まったようですが、前作のスラダンと比べられる結果となり、アニメは一年で終わってしまいました。今だったら、もっと人気でたと思いますが・・。

 

実写・・?忘れました。

 

33位 『ルーキーズ』 2000万部 コミックス 24巻

一巻あたり 約83万部

 

なんといっても、実写ドラマがよかった。映画の興行収入85.5億円は、2018年現在でも、コミックス原作の実写映画としては、歴代最高記録です。あの、海猿ですら、抜けなかった記録です。

 

上地の江夏役もよかったな・・。

 

32位 『きまぐれオレンジロード』 2000万部 コミックス 18巻

一巻あたり 約111万部

 

元祖、ラブコメ漫画。この作品が、後々、いちご100%などのマンガに受け継がれていくんですねー。

ジャンプ史上最も売れた、ラブコメ漫画です。

 

ちなみに、ラブコメとしての連載期間の長さも、2000年代にいちご100%に破られるまで、ジャンプ歴代最長でした。(2018年現在は、ニセコイが歴代最長)

 

31位 『暗殺教室』 2400万部 コミックス 21巻

一巻あたり 約114万部

2010年代、ジャンプ最大のヒット作品ではないでしょうか?

 

実写化の際には、最後の結末を連載とほぼ同時にやるという史上初の試みもされました。

松井先生は、前作のネウロも名作なので、ぜひ読んでみてください。

 

一応、31位までまとめてみました。いかがでしたか?

あと、この記録は、あくまで2018年現在の記録とは、異なる場合があります。調べた時点で過去の記録だったりしていますが、できるだけ、最新の記録を書いたつもりです。

 

では、今回はここまでにします。さいなら~。